パパ活 キャバクラ 風俗

お金がなくてピンチどうしよう。今月のクレジットカードの請求が支払えないどうしよう。欲しい服が買えないどうしよう。と困っている女性、多いのではないでしょうか。

かくある私もパパ活を始めた理由が、お金がなくて困っていたからなんです。一緒ですね。

正直、私は、お金を稼ぐ方法として、キャバクラと風俗とパパ活で迷いました。

特に私がパパ活を始めた時は、パパ活なんていう言葉も存在しなかったので、右も左もわからない状態でした。

当然、パパ活を始めたは良いけれど、本当に稼げるのか保証なんてありませんでした。

不安で仕方なかったパパ活ですが、おかげさまで何とか成果を出すことが出来ています。

今回は、そんな私の経験を踏まえて、パパ活とキャバクラと風俗とどれが1番稼げるのかを解説していきます。

とりあえず始めてみるならキャバクラ

パパ活 キャバクラ 風俗

お水の業界に入ったことがない人がとりあえず始めてみるなら、キャバクラがおすすめです。キャバクラであれば、男性のエッチな要求に答える必要はありませんので、初心者としては働きやすいです。また、キャバクラのメリットはお店が新規顧客を開拓してくれるところにあります。いろいろな所に広告費をかけてくれたりしてくれますし、そもそも店舗が存在しているので、お客さんを集客しやすいという特性があります。

また、キャバクラは時給制でお給料をもらうことが多いので、安定して稼ぐことが出来ます。時給はお店や個人の能力によって、かなりの開きがあるので何ともいえませんが、最低の時給ラインとしては、2000円から3000円といったあたりになります。高級クラブなどで稼ぐ人は、桁が変わります。風俗より稼ぐ人もたくさん出てきます。それは顧客単価が変わるからなのですが、クラブやキャバクラのお店ではお酒の注文が入ると値段はピンからキリまでなので、とんでもない金額を稼ぐことが出来ます。

通常、キャバクラでしっかり働けば、20〜30万円位は稼げるようになります。さらに歩合も入ると、もっと稼げるようになります。月に300万を超える人も出てきます。高級クラブで働く人は、平均額も上がり、さらに稼ぐ人もいます。

しかし、実際にそこまで稼ぐにはかなり大変な道になります。例えば、人間関係ですが、お店の店舗で同僚からは陰口がたたかれ、お客さんからの風評被害にもあい、掲示板などにも書き込まれ、結構大変な目に遭うこともあります。(もちろん、ないこともあります)そして、同僚にはお金遣いの荒い人もいるので、ついつい影響を受けてしまいがちです。結局、お金を稼いだは良いが全部使ってしまっては元も子もありませんよね。

安定して稼ぐなら風俗

パパ活 キャバクラ 風俗

自分はキャバクラで、稼ぐ自信がないという人もいることでしょう。でも、その代わりに体は張れるということであれば、風俗で働くと安定して稼ぐことができます。キャバクラは、能力の差が露骨に表れるため、稼げる金額については、ピンキリがありますが、風俗の方が、能力差が分かりづらく、誰でもある程度の高額を稼ぐことができます。

風俗にもメンズエステ、ピンサロ、ヘルス、ホテヘル、デリヘル、ソープなどの色々な種類があります。もちろん、業種によって、稼げる金額は変わります。

この中でも一番稼ぎやすいのは、ソープかヘルスです。通常ソープであれば、しっかり働けば月60万円位は稼げます。人気のある人だと、150万円を超えてしまう人もいます。

しかし、キャバクラと比較すると、最低月収は2倍以上上がりますが、MAXの上限でキャバクラを超えることは難しいです。その理由は、顧客単価のせいですね。

風俗は体を張る分、肉体的に嫌なことも増えますが、お金をどうしても稼ぎたいという人には、オススメです。お店側も集客してくれてますので、わざわざ営業をかけなくてもお客さんがついてくれるというのは、店舗型のメリットです。

一発逆転するならパパ活

パパ活 キャバクラ 風俗

一発逆転で大きく稼ぐことを考えているなら、パパ活がオススメです。理由は、今まで店舗ありきの話をしてきましたが、店舗を利用させてもらうということは、仲介手数料(マージン)をとられるということになるんです。

特にナイトワークは、広告費に凄くお金を変えていますので、その分を実質的には、お店側に払わないといけないからです。

なので、お客さんが20000円を支払ったとしても、女の子がもらえる金額は、半分の10000円とか14000円位が相場でしょう。

しかし、パパ活の場合は、仲介手数料というのものが存在しません。すなわち、お客さんが20000円支払ったら、直で20000円をもらえることになります。それがパパ活最大のメリットです。

つまり、一回あたりの単価が高くなるのがパパ活なんです。単価が高くなると当然稼ぎやすくなります。また、パパ活の良いところは言い値のところです。

どういうことかというと、例えば、店舗型のキャバクラとか、風俗とかであれば、あらかじめ料金が設定されており、何分でいくらですよというのが決まっています。

ところが、パパ活の場合だと、60分10000円じゃないとダメというパパさんもいれば、60分50000円を払ってくれるパパさんもいるということです。

もしくは、パパ活の場合だと、月極めでお小遣いをくれる人もいるので、何もしなくても月50000円とか、200000円とか入ってくることもあります。

パパ活で稼いでいる人は、400万円とか超える人もいます。まだパパ活を始めたばかりという人でも、10万円を超える人がほとんどですね。しっかりやる人であれば、20万円は稼げています。

パパ活のデメリットとしては、新規パパの開拓などは自分で営業をかけて行っていかなければなりません。ですが、この新規パパについては、既存の出会い系サイトを利用すれば、簡単にパパを探すことができるので、特に問題ありません。また、男性と二人きりの環境になるので、襲われるなどの危険が伴います。店舗で働く場合については、男性スタッフなどもいますので、最悪の場合、助けてくれる環境にあります。しかし、パパ活の場合は自分で解決しなければいけません。くれぐれもパパになる人が危なそうな人だったら、気を付けましょう。

結局1番稼げるのはパパ活

パパ活 キャバクラ 風俗

さて、キャバクラ、風俗、パパ活と比較して説明してきました。この中で一番稼げる金額が大きいのは、パパ活にです。やはり、キャバクラや風俗に比べるとマージンが入らないことが大きいですし、金額も自分で自由に設定できるのが理由です。

またパパ活の場合だと拘束時間も自分で自由に決めることができるため、自分のペースや予定にあわせてスケジュールを決めることができます。こんな自由が効いて稼げる仕事はなかなかありません。

今、パパ活のライバルは弱くて、とても稼ぎやすい環境にあります。出会い系でパパ活をしている女子のコミュニケーション能力が著しく低いのです。キャバクラや風俗で地雷と呼ばれるサービスも悪く、愛想のない人達でも稼いでいる状況だからです。この状況であれば、とびきりの美人でなくても、普通のルックスで、きちんと会話ができる子の方が、パパから好かれるため、圧倒的に稼ぎやすい状態です。

パパ活だけでいきなり生活するのも怖いでしょうから、そういう人は、昼間のOLの仕事をしながら、副業として夜にパパ活を始めてみるとか、キャバクラや風俗で働く傍らにパパ活に挑戦してみるところから始めるのも全然ありです。実際にアンは、昼間のOLをしながら、パパ活を始めました。

3か月目には軌道に乗り、昼職を辞めて、パパ活だけで生活していけるようになりました。(実際に昼職を辞めたのは、約1年後ですが)パパ活は知り合いにバレることもありませんので、気軽な気持ちで始めることができますし、普通ではありえないよなお金を稼ぐこともできます。

パパ活の具体的な始め方については、パパ活初心者が最速で月100万円稼げるようになる方法で説明していますので参考にしてみくださいね。